FC2ブログ
2018 12 / 11 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
些細なこと  03/31/2009  
昨日あれだけ落ち込んだことを書いていて
朝になってたくさん寝て元気になったかと思ったら
体力がちっとも戻っていなくって
1階から自分の部屋のある3階まで戻ったらもうクラクラ。
体調が悪いと弱音を吐いたら彼が会いに来てくれました。
彼の家と私の家は電車で40分はかかる距離で近いようで少し遠い。
彼はまだ学生で車を持っていないのでだいたいは私が会いに行っていました。
そもそも、私が実家暮らしなのでうちには来にくいのですが・・・。
今日も家までは来てくれませんでした(^ω^;)
過去3度家に来てくれたことがあって、
前回はiMacを購入した時に部屋まで持って上がってくれました。
で、今日は私が仕事で必要な服を買ったりするのに付いて来てくれました。
途中でまたふらふらしてきて休憩したりしつつ、
買い物が終わった後時間が少しあったので
夜景スポットの下見(笑)に行ってきました♪
夕暮れ時で、何故か山頂には鳶がわんさかいました(笑)
ついでに猫も結構いて和みました♪
何だかんだ言って私を甘やかしてくれる彼に感謝です。
今年の前期は金銭的な事情やら色々あって半期休学することにしたらしいので
ちょくちょく一緒に居られそうです。
卒業は更に1年伸びたけど(^ω^;)
彼の人生は彼の人生で楽しんでもらいたいし、ゆっくりでいいかなぁ。

さぁ明日も仕事だ!!
スポンサーサイト
 | 戯言  | TB(0)  | CM(1) | Page Top↑
どうにもこうにも  11/11/2008  
しばらく更新サボってましたねあせ
ちゃんと生きてますw


ちょっと愚痴ります。



ここ数日、体力的に無理が続いたり
何だかんだとショックなことがあって
体調が思わしくないようです。
昼間は元気だったから多分寝たら大丈夫。
でもちょっと心配な症状が続いているので
あんまり続いたら病院行こうかな。
今年は病院にお世話になってばっかりだなぁ。


一昨日、いつもは基本的に楽天家の彼が、悩んでた。
詳しく教えてくれなかったけど、将来のことみたい。
「yucaは俺のこと好き?」
「俺も好きやけど・・・うん、まぁ今はいいや」
って、ちょっと言ってた。
彼は私の3つ年上。
第一希望の就職先に内定貰ってたのに、
会社の経営が思わしくなくて断念、
そして留年決定。
同級生と飲み会をして、それで色々話をしてそれで悩んでるんだって聞いたら、
それでもって、さっきみたいな質問されたら・・・
やっぱり二人のこの先は明るくないのかなって思ってしまった。
来年は2度目の留年だし、自分で学費払いながら
残った少なくない単位取るのはやっぱり苦しいのかな。。。
単位足りてないのに、毎日学校休んだりしてるのみたら
やっぱり将来のこと考えたら、一緒に生きていくのは難しいのかなとか考えるけど
それと、好きな気持ちだとか何にも出来ないんだとしても何かしたいと思う気持ちとかは
全然別のところから生まれてきているからどうしようもくて
唯々、考えが堂々巡りしてしまうのです。
ずっと死ぬまで一緒に生きていきたいのが本心なのに。

今は私が色々口出しするより、彼が何か言ってくれるのを待っていようと思います。
彼が出した結論を、私は聞くくらいで丁度いいバランスなのかもしれない。
でも本当はすごくすごく不安でどうしたら良いのか分からなくなる。
吐気がする程、不安になる。
でも自分が安心するために彼を苦しめるのはもっと嫌。
あの日からメールも元気がない気がするし、
会いたくない風な雰囲気もしてるけれど
それでも今は待つことしか出来ないかな。

男心はちっとも分かりません。
人の心はちっとも分からない。
こういうとき、やっぱり彼と私は他人なんだなって実感する。
1年8ヶ月、喧嘩らしい喧嘩もしたことがなくて
会えば二人でべったりだけど
それでも今の状況を心安らかに見てられないのは
私が未熟だからでしょうか?

前の彼と別れた時、10ヶ月付き合って突然別れてしまった。
別れてほしいって言われて、説得しても気持ちが変わらなくて。
別れ話をされる直前まで、そんなそぶり一つもなかったのに。
だから、喧嘩してなくてもずっと仲良くしてても
突然別れようって言われてしまう恐怖が頭から離れない。
段々仲が悪くなったり、喧嘩が多くなったり、
そういう予兆がない別れが頭に刷り込まれてしまって
ふとした瞬間に恐くなる。
信じてたのに裏切られた記憶はなかなか消えないのかな。
またそんな日がきたらと思うと恐くなる。
でもそれを上回る信じる強い気持ちを持ちたい。




卒論が自分の怠け心で全然進んでない。
今すぐどうにかしないといけないのに、なんで一つも出来ないんだろう。
これは私の問題だから、頑張るしかない。




大丈夫、大丈夫。
不安になるとおまじないにしていた言葉、
今は上手く効かないな・・・
 | 戯言  | TB(0)  | CM(3) | Page Top↑
秋の夕暮れ  10/12/2008  
秋の夕暮れは
色んな身近な人だったり
顔も名前も知らない人だったりの
様々な考えや見方や思い入れを見つけては
此処に生まれてきて良かった
こんなに綺麗で素敵な世の中に出てきて良かった
こんなに素晴らしい人々と出逢えて良かった と
誰にともなく 何処にでもなく
夕闇に染まる空に
叫んでみたりしたくなる


大好きなダーリンのことを
知っている人ばっかりで気恥ずかしいからと
心の底から想っていることを想ったそのままに表現できないことを
もやもやしていたけど
此処でなら躊躇なく云って良いんだと
今更ながら気がついた
大切な友達が
その行動で示していた姿を見て
そう思った



昨日も私を自転車に乗せて
何処までも連れて行ってくれて ありがとう
これからも
何処までも二人で
綺麗なものや
楽しいものを
見たり 感じたり したりして
たくさん 年を重ねていこうね
いつまでも
何処までも
死が二人を別つまで
一緒に居られたら いいな
 | 戯言  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
忘却曲線  09/09/2008  
先日
たまたま、夜一人で北大路通りを一人で歩いていた時のこと

たくさんの人とすれ違いながら西へ西へと歩いていたら
ある人とすれ違った

見た事のある人だった気がした

自転車に乗って
その人は東へ消えていった

一瞬しか顔は見ていないし
本当にその人だったのかも良く分からない

最後にその人と会ったのはいつだっただろう?

会った、というか見た、というか
お互いに顔は見ていたはずだけれど
言葉は交わさなかった

すっかり日常生活の思考からは遠のいていた人が眼前に現れると
急に昔のことを思い出した

完全に忘れていなかったから
同じ顔に巡り逢った時に
心が震えたんだろう



心臓が止まったかと思った



その瞬間
景色がゆっくり見えた


たまたま出会ったからと言って
昔のどうのこうのを蒸し返す気もなければ
どうしているのか確かめることもしなかった

けれど
同じ街のどこかで息をしていたら
こうしていつかまた巡り会うかもしれない

決して道は交わらないのに
何度も出会ってしまう
そういう因果の関係の人なのでしょう
 | 戯言  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
常識  07/26/2008  
常識ってなんだろう、ということを最近ふと思います。

常識というのは辞書によると
「普通、一般人が持ち、また、持っているべき知識。
 専門的知識でない一般知識とともに理解力・判断力・思慮分別などを含む。」
(広辞苑より)
という意味だそうです。

「一般人」ってまず誰を指すんでしょう?
例えば、男性の持つ常識と女性の持つ常識には
ある程度の違いがあると思うんです。
体の仕組みのことであったり、
それに付随する知識なんて最も大きい違いだと思います。
そして、その違いがあることにすら気がつかないことも多いことも。
私も彼に色々質問攻めにされたことがあります
そういう意味では「一般人」って色々なカテゴリーがあるんではないでしょうか?
ある常識で指す「一般人」は上の例のように「性別」であったり
「年齢」であったり、「母国」であったりするということです。

バックグラウンドが違うことに「常識だ」という批判をするのは
ナンセンスな場合もあるんじゃないでしょうか。
日本では頭を撫でるのが子どもの褒め方の表現であるのに対し、
外国ではしてはいけないことの一つだったりという分かりやすいこととは別に
「一般人」のカテゴリーがあることにすら気がつかない常識で
イライラしたりしていることもあるんじゃないかなぁと思います。
そのイライラはすごく悲しい気がします。
勿論、そのどちらかの「常識」が絶対的に間違っていない場合で。

私の彼は割と常識にうるさい人のようで
「○○は非常識だ」ということが話の中に出てきたりします。
私がその彼の指す常識を守れているのかどうかは
イマイチ自信はないなぁ・・・。
微妙な世代の違いってこういうところにも出たりするのかな。
違いにイライラするんじゃなくて、
違うということを理解するようにしたいです。
本当に自分が非常識だったら勿論直しますけどね
 | 戯言  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

プロフィール

ブクログ

クリックで救える命がある。

リンク

カテゴリー

QRコード

カウンター

広告