FC2ブログ
2018 10 / 09 last month≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
chicochair『踏切』  08/04/2008  
最近、軽音部の合宿のバンドでこの曲をやることになりました。
「sweet season」というアルバムに入っています。
この曲、合宿バンドのメンバーの子が持ってきてくれたのですが
ポップな中に切なさがあって、歌詞を見てもっと好きになりました。
でも2004年に解散してしまっていて、
もう新曲が出ることもないし、ライブを見ることも出来ないバンドなのです。
アマゾンでもこのアルバム検索にかかりませんでした。
(ブログのアマゾンリンクでの検索ですが)
それがまた切なくて。

『踏切』をバンドでやることになって
歌詞をじっくり読んだのですが
本当に泣きそうになりました。
今日バンドで集まって、曲を流しながら各々音を出している時
私も歌詞見ながら口ずさんでいたのですが
みんながいるにもかかわらず、泣きそうになってしまいました。
『踏切』は新しいスタートに向けての明るい歌なのですが
旅立ちの歌とも取れるので、最後の合宿の最後の曲がこれかもしれないと思うと
ぐっときてしまって。
元気が出る歌詞でもあるし、そういう風に切ない感じもするいい曲なので、
CDを見かけられた際には是非聞いてみてください!!
TSUTAYAならレンタルCD店内で試聴出来るところも多いんで、見つけたら是非。

sweet season
スポンサーサイト
 | 音楽  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
行ってきました!!東京事変のライブ!!
本日は京都会館です♪
近くて嬉しい♪
16時に涼二と待ち合わせをして、いざ出発!!
其れでもグッズを買えたのはもう5時過ぎ。
結構並びました。
色々今回は買ったので出費が・・・。
でも満足☆
お目当ての香水、買いました♪
涼二とお互い違う種類を買ったので、
また見せ合いっこしようということにしました。
それから二人でご飯を食べに行ったのですが・・・。
思いのほか物販に時間が掛かったので、
急いで食べて、ぎりぎりで戻ってくる羽目に。
でもちゃんと間に合いました。
良かった良かった。


*此処から下ネタバレ注意


私達は1階席のA席2列だったのですが、
京都会館は後ろから列をカウントするらしく・・・
つまり2列は後ろから2列目。
近いと思ってたのに!
でも、丁度前の2席が空席だったので、ばっちり見えました♪
ツイてる!!

最初は「雪国」
スクリーン越しに白い和服に角隠しのようなものを被り、
和傘を持った林檎女史の姿が見えて、それに被さってスクリーンには吹雪。
本当にステージ上は吹雪の雪国のような幻想的な光景でした。
スクリーンが取り払われて、メンバー全員が姿を現すと会場から歓声が。
其処からはMCも特に無く演奏が続きました。
うろ覚えですが、「歌舞伎」とか・・・。
前半で吃驚したのが、ともさかりえさんに林檎女史が提供した
「少女ロボット」の演奏が始まった事。
周りの方は余り知らないようで、リアクションが薄かったのですが、
私は偶々今日ipodに移したので聞いていてイントロで吃驚!!
ライブでは殆ど無かったのではないでしょうか?
私はDVDとビデオでしか以前のライブは観た事が無いので不確かですが。
ネタバレとか書いた割りに、曲目がちゃんと思い出せません・・・。
覚えている限り順不同に並べると
「秘密」「ブラックアウト」「ダイナマイト」「現実を嗤う」
「心(演奏のみ)」「顔(演奏のみ)」「入水願い」「修羅場」
「スーパースター」「御祭騒ぎ」「手紙」「本能」
「その淑女ふしだらにつき」それから、カバー曲を。
タイトルとバンド名を失念しました・・・。
其処では伊澤氏もギターを担当して、腕前を披露!!
他にも数曲ギターを弾いておられました。
あとは「サービス」もありました。
前回のお披露目ライブ同様、メンバー全員が
拡声器を持って唄い踊るという”サービス”付き!!
ラストが「喧嘩上等」!!
途中、感想部分がハードロック調にアレンジされていました。
アンコールが「丸の内サディスティック」「透明人間」「落日」でした。
「丸の内~」はVirgin LINEと同様、ジャズ風のアレンジ。
本当のラスト、「落日」では林檎女史がアコギを担当。
前半部分は弾き語りのみでした。
今回のライブでは林檎女史もギターを弾く場面が多々見られました。
最近ギターボーカルデビューした私、かなり観てしまいました(笑)

MCでは林檎女史から新メンバーの紹介など。
其の前に、京都会館の天井にある音響用の傘の様な装置を指して
「此れいつも来る度に気になってたんですけど、何ですか?」
といった事を仰ったので、会場から返事が。
普通にやり取りをしていました。
今回のライブのお客さんは全体的にマナーが良かったです。
大体、みんな空気読みつつ、若干大人しすぎるかってくらい。
key.の伊澤氏は師匠(亀田誠治氏)から「我侭だ」と言われていました(笑)
今日もホールに来てからラーメン屋に行ったのだとか・・・。
其のくだりでも会場とメンバーとのやり取りが。
しっかり会話もして聴くところは聞いて、大人なライブでした。
それとも城ホールがにぎやかだっただけでしょうか?
伊澤氏の次は師匠。
師匠はさっきの伊澤氏の話を引っ張っていました。
何でもメンバーは此のツアーの折り返しまでで2キロ増したそうな・・・。
終わる頃には4キロ増になっているねと話されていました(笑)
それからGt.の浮雲氏。
確か一言「頑張ります」とかだった気が・・・。
違ったら申し訳ない。
テンション上がりすぎできちんと細部を覚えていません(汗)
最後に林檎女史、「あと・・・あ、"あと"とか言っちゃった。
最後に、ドラ息子刃田綴色」と紹介。
刃田氏、ドラムセットから抜け出てパントマイムで
引き戸をガラガラ、閉める、正座をして一言
「おいでやす」というパフォーマンスを決行(笑)
師匠曰く、楽屋で綿密に打ち合わせをしていたそうな。
でも、イントネーションが違っていたのもご愛嬌。
やっぱり京言葉は難しいのかしら。
あ、ステージでの配置は下手側からkey→Ba.→Gt.→Dr.で
センターにvoxの林檎女史でした。
だからDr.は横向きに近い感じでセッティングされていました。
センター上手よりの奥に木のセットと、
後ろの4人の横にちょっぴり不思議な照明スタンド。
師匠と浮雲氏の後ろに白いおしゃれなデザインの椅子、
センター後方にも林檎女史用の黒い小さめの四角いソファーがあった模様。
私の所からだと何なのかは良く見えなかったのです・・・。
今回はステージの最前辺りが少し低くなっていた様で、
最前列の方は直接師匠とかと触れ合っておられました。
羨ましい・・・。
流石S席!!
是非次回は・・・!!

兎に角観終わっての感想は
「今すぐライブがしたい」でした(笑)
本当に、ライブって良いなと思いました。
其れから、本当に練習頑張ろうとも思いました。
これから椎名林檎でバンドを組みのが目標です!!
林檎女史の「高校とかの文化祭でどんなバンドのコピーしてました?」との発言に会場から「椎名林檎!!」と返ってきたので
林檎女史が「え~本当?ベース難しかったでしょ、
バカテクの人いるから」と発言。
師匠、バカテクと言われていました(笑)
と言う訳で、林檎女史から「バカテク」と言われたベースを弾ける
ベーシストを募集(笑)
シャイすぎて声掛け損ねてばっかりですが・・・。
かなりいい刺激&純粋に楽しいライブでした♪
また行きたい!!!
 | 音楽  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
雨のち雨  03/06/2006  
20060306095656
何故か私のとこのバンドが練習の日は雨が降る。
昨日はあんなに良いお天気だったのに、やっぱり今日は雨。
只今個人練中あと2、30分したら他のメンバーも来るでしょう。
今、ソロをノーミスで弾けて感動してました(笑)
でも、1人…。
しかも、合わせると何時も殆ど弾けない…。
今日こそはちゃんと弾くぞ!!
因みに写真はアンプ。
上がマーシャル。
椎名林檎嬢が「丸の内サディスティック」で「♪マーシャルの匂いで~」と唄ってるあれです。
でも私は其の下のアンプを使ってます。
真空管は使いこなせません…。
 | 音楽  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
肩の重み・君の声  03/05/2006  
今回初めてギターボーカルをやってみて、改めて大変さを実感。
でも、結構楽しい。
でも、ソロが上手く弾けない・・・。
かっこよく決めたいとこなのに・・・。
チョーキングが上手くいくと、そのあとのフレーズが撃沈してしまいます。
本番は一回しか弾けないんだから、成功させたいです。
・・・本番にものすごく弱いけれど・・・。
歌詞が飛びそうなのも怖いし。
実は今までのライブ、一回も歌詞を間違わずに唄えた事がありません・・・。
あんなに一日中唄ってるのにどうして間違えるんでしょう。
今度こそは・・・!!
 | 音楽  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
早3時間。  02/28/2006  
殆ど休みなくギターの練習。
でもなかなか上達しない。
明日練習なのに。
メンバーに申し訳ない。
でももうそろそろ寝ないと何だか頭が痛い。
体壊したら、もっと申し訳ない。
ヴォーカリストは特に。
自分の楽器(体)、ちゃんとメンテナンスしないとね。
 | 音楽  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑

プロフィール

ブクログ

クリックで救える命がある。

リンク

カテゴリー

QRコード

カウンター

広告