FC2ブログ
2018 09 / 08 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
もう一つ!!  07/19/2008  
連投ですが、また「お!」と思ったので書きます!

今度はメルマガ『今日のフォーカスチェンジ』から。
ちょっと長いので、ケータイからだと読みにくいかも(^ω^;)

*********************************************

★今日のフォーカスチェンジ♪
--------------------------
ちゃんと、理由があります。


感情が動くときには、
その感情にふれる何かが、
こころにあります。

当たり前のことですが、
私たちは、案外、
このことを忘れています。


人助けのニュースを聴いて、
うれしくなるのは、
それがいいことだという
価値観が、自分のなかに
あるからです。

ひとに悪口を言われて
怒りを感じるのは、
それによって、自分が、
おとしめられたり、
傷つけられたという
意識が反応するからです。


私は、このことを、
「受け皿をもっている」
と、表現してきました。

受け皿のあることには、
ひとは、反応しますが、
受け皿のないものには、
まるで反応しません。

場合によっては、
気づきさえもしません。


感情が動くときには、
感情を動かす何かが
外がわにあるのでは
ないのです。

  それはあくまでも、
  きっかけに過ぎません。

感情が起きる何かが、
内がわにあるのです。


この仕組みがわかると、
自分の感情との
つきあいが、楽になります。

たとえば、手ばなしでは
受け入れられない感情が
あがってきたときには、
自分に聴いてあげると
いいのです。

「なぜ、こんな感情が
 起きてくるの?」


そうすると、かならず、
こたえがそこにあります。

過去に、同じパターンで、
いやな思いをした
体験があったりとか。

ことばや表現の方法が、
苦手なひとのそれと
同じだったりとか。

  ひとによっては、
  かなーり遠い記憶に
  なる場合もありますが♪


「ああ、これか」

気がついたら、
いま起きている感情と、
その過去のパターンを、
切り離してあげると、
いいんですね。

あれはあれ、
これはこれだよ、って。


切り離す方法は
いろいろあります。

心理学の本などに、
たくさん書いてあります。


でも、実は、
気がついた時点で、
かなりのところは、
解消されているはずです。

すでに、それは、
認識・整理された情報に
変化していますから。

あとは、それをどう
処理・展開していくかです。


え? 

感情をそんなふうに
処理しちゃったら、
ミモフタモナイ?

はい。ですから、
味わいたい感情は、
手ばなしで、たっぷりと
味わっていいんです。

そうではない感情のとき
だけ、チェックしてみて
くださいね♪


それでは、
今日のおさらいです。

あなたの感情には、
ちゃんと、理由があります。


感情が起きてきたときには、
自分の内がわを、ちょっと
注意して見てみましょう。

それは、あなたが、
あなた自身と、より深く
つきあうきっかけになって
くれるかもしれませんよ。

*********************************************

『今日のフォーカスチェンジ』の紹介文↓
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
      ★メルマガ『今日のフォーカスチェンジ』 ★
   私たちをしばっている、さまざまな思いこみを解き放ち、
 より自由で、自分らしい生きかたをするためのサポートとして、
 あなたの気づきのためのメッセージを、日刊でお届けします。
     http://www.mag2.com/m/0000119721.html
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

↑何か堅苦しく書いてありますが、内容はコピペみたいな感じなので
気楽に読めますよ(^ω^)

一個前の日記も名言を載せているので良かったら☆
見てください(^ω^)

いいな、と思う文章を見つけるたびに載せているので
今日はまだまだ名言の更新するかも(^ω^;)
スポンサーサイト
 | 言の葉  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://snowice.blog5.fc2.com/tb.php/876-df1b2ee1

プロフィール

ブクログ

クリックで救える命がある。

リンク

カテゴリー

QRコード

カウンター

広告