FC2ブログ
2018 09 / 08 last month≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10 next month
スポンサーサイト  --/--/--  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 | スポンサー広告  | Page Top↑
まとめて読書感想文3  08/29/2008  
感想文最後です。
今mixiラジオ聴いてます。
これ良いなぁ、ウェブラジオはやっぱり便利♪
今THEBACKHORNの「コバルトブルー」が流れてます。
結構この曲好きだなぁ。
他の曲も聴いてみようかな(●´ω`●)
好きな人、オススメの曲教えて下さい♪


『海を抱いたビー玉
  ~甦ったボンネットバスと少年たちの物語~』森沢明夫
海を抱いたビー玉―甦ったボンネットバスと少年たちの物語海を抱いたビー玉―甦ったボンネットバスと少年たちの物語
(2007/08/25)
森沢 明夫

商品詳細を見る

この本、フィクションも含まれているそうですが、
実話に基づいて書かれた本だそうです。
様々な角度から、様々な人の人生が
あるボンネットバスによって繋がっていきます。
結構分厚い本ですが、読みやすいです。
でもって、泣けます。
涙もろい私は何箇所かうるうるしてました。
ライブ前の待機時間に読んでたので(オイ)
本気で泣いたらマズイと思って堪えましたが、
実話だと聞かされたらまた涙が・・・。
新潟県中越地震の話も中に含まれていて、
山古志村に住んでいた家族の話がまたぐっときました。
大切なものを失う恐さ、友達との別れとか。
全編通して描かれているのは
「モノには≪魂≫がある」という考えをもっと人々。
物語の中には魂をもったボンネットバスを
主人公とした部分もあります。
このボンネットバスが、いわゆるネコバスそっくりなんです。
ごろにゃんごろにゃんと鳴きながら走る、
という感じの表現があって、可愛いなぁと思います。
今も温泉街の湯沢の町で走っているようなので
一回実物に乗ってみたいです。
心があったかくなるようなお話でした。


これにて今回の読書感想文おしまい!
スポンサーサイト
 | 読書  | TB(0)  | CM(0) | Page Top↑
Secret




TrackBack URL
→http://snowice.blog5.fc2.com/tb.php/906-e89f97cc

プロフィール

ブクログ

クリックで救える命がある。

リンク

カテゴリー

QRコード

カウンター

広告